電解超音波洗浄とは

電解超音波洗浄とは

電解洗浄とは電解液中で品物をプラスにして直流電流を流し、この時製品表面から発生する水素の気泡の剥離力を利用し製品に付着した汚れを取る工程です。この工程によってある程度汚れが剥離した状態で、超音波キャビテーションにより浮上った汚れを粉々にし洗浄を行う新しい方法です。洗浄液も弱アルカリの物を利用していますので環境に優しい洗浄方法とも言えます。酸化皮膜や油脂汚れ、ガス焼けや樹脂残りなどに最適です。

電解超音波洗浄

電解液中への通電によって水素ガスが発生します。

電解超音波洗浄とは

超音波の役目

超音波洗浄はキャビテーションと言われる物理力での洗浄となります。20kHz~100kHzぐらいの超音波振動を液中に照射すると液中の音波の音圧サイクル、つまり高速な正・負の圧力が液体に交互にかかり、瞬間的に負圧時に液体が引き裂かれ空洞が生じる現象が起きます。
次の瞬間その空洞は正圧時に液圧とともに圧縮消滅し、非常に強い衝撃波となって周囲に大きな圧力を及ぼします。
この空洞現象がキャビテーション現象といわれるものです。

キャビテーション現象

例えば、周波数28kHzの場合1秒間に約28,000回この現象が起こり、液中には無数のキャビテ-ション現象が発生し、衝撃波となって洗浄物に付着している汚れを物理的衝撃力で剥離し強力に洗浄することが出来ます。

超音波洗浄のしくみ

キャビテーションの衝撃力は周波数によって違い、周波数が高くなればなるほど振幅が小さくなる為、物理的衝撃力も弱くなってきます。反対に振幅が小さい分キャビテーションの数が多くなるので微細な汚れに対して効果を発揮し、被洗浄物に対するダメージも小さくなります。汚れが油分、焼け等、頑固な物でワークは硬質でダメージに対して懸念材料が無いので最も低周波である28kHzが最適と思われ、ダメージの可能性等を検討する必要があれば40kHzの方が良いと思われます。

最適な洗浄ワーク

金型のメンテナンス、エンジェクターピン、精密部品、治工具等の幅広い金属ワークに対して有効です。樹脂のガス焼けやコア等に付着したデボジット、さらに酸化皮膜、油脂汚れなど。特に金型メンテナンスにおける各種問題点を一挙に解決できます。ポリアセタール(ジェラコン・デルリン)等の強固な皮膜も容易に除去できます。

導入効果は?

  1. 洗浄液に入れるだけで金型に付着した不純物の除去が出来ます。
    ガス焼け・頑固に付着した樹脂・樹脂分解物・劣化したグリスなど
  2. 面倒な細かい隅部分・凹凸部のクリーニングも人手をかけずに行えます。
    ギヤ底部・微細スリット穴・溝など
  3. 鉄系素材なら減寸法・面浸食等品質劣化もありません。
  4. フロン・エタン、塩素系溶剤の廃止が期待出来ます。

製品特長

  • 鉄素材のアタック性(磨耗・研磨等の寸法変化、光沢変化)は全く有りません。オーバーホールにかける時間が圧倒的に短縮できます。
  • 多数の洗浄物を同時に洗浄できて、10分程度の処理時間で金型は新作に近い状態になります。
  • ペーパーやウエス等で取りきれない、細溝や小穴・ギア-面の洗浄に向いています。
  • ギヤ類の金型洗浄には特に最適です。
  • 砥石等を全く使用しないので、製品面に傷がつきません。
  • 洗浄は無人で出来る為、他の作業ができ人件費の削減につながります。
  • 乾燥装置は全く不要です。ペーパータオル・ウエスで拭き取るかエアー等で水分を吹き飛ばすだけで防錆皮膜となります。成型機にかけると熱により防錆皮膜は消滅します。
  • 廃液は簡単な中和処理だけで放流できる安全設計です。

注意

☆銅合成・アルミ合金・亜鉛合金の素材は使用できませんのでご注意ください!

名称:電解超音波洗浄装置
型式:AES-500シリーズ

装置仕様:

型式 AES-510 AES-530
外形寸法 700×550×800(mm) 910×550×850(mm)
有効槽内寸法 300×200×200(mm) 350×350×250(mm)
超音波出力 200V 300W 200V 600W
周波数 28、40、72kHzより選択
循環ポンプ 6L/min 8L/min
フィルター 165L-100
材質 フレーム部SS-400 外板SUS430 洗浄槽、バスケットSUS304
処理時間 可変式