アルミナスラリーの分散

写真:超音波ホモジナイザー ALEX-600AT

目的 「アルミナスラリーの分散」

サンプル:アルミナ10%スラリー
溶媒  :NMP
150ml/300mlビーカー

テスト機:超音波ホモジナイザー ALEX-600AT
     ビーカー試験先端φ36mmセラミックチップ

テスト方法:ビーカー試験

目標

アルミナスラリー(4μm程度の凝集体)を、300nmアンダーまで分散させる。
各サンプル150mlを300mlのビーカーに入れ、バッチで超音波を照射した。
(振動振幅:40μmにセット)

評価方法

レーザー式粒度分布計を用いて、処理前と処理後の粒度分布を測定する。

評価基準

  1. 300nm以下に分散する事。
  2. 1μm以上のブロードピークを可能な限り排除する事。

データ

<未処理>
未処理グラフ

<5分後>
5分後グラフ

<10分後>
10分後グラフ

結果

5分処理では分散が進み300nm以下に大きなピークが出来たが、ブロードピークが残っている。
10分処理では270nm付近に大きなピークが得られ、殆どが1μm以下に分散し、ブロードピークは極僅かとなった。