蛍光X線元素分析装置 WFD-70

軽元素を高感度に測定

写真:蛍光X線元素分析装置 WFD-70

特徴

  • 液体窒素不要
    新開発検出器(SDD)を搭載し、液体窒素不要です。
  • モノクロメータ法による励起源搭載
    二重湾曲モノクロメータによる励起源を搭載し、軽元素を高感度に測定することが可能です。
  • 幅広い測定元素範囲
    9F~92Uまでの元素の測定が可能です。

仕様

型式 WFD-70
ピーク同定検出範囲 11Na~26Fe
連続測定試料数 6検体
X線管 Pd(パラジウム)ターゲット
検出器形式 SDD(シリコンドリフトディテクター)
冷却方式 空冷(ファン付)
照射面積 5mmφ
安全機構 インターロック機構
本体サイズ(mm) W500xD500xH580
本体重量 約50kg
入力電源 AC100V 50/60Hz

電話番号 バナー

お問い合わせフォーム リンクバナー