放射線セシウム測定装置 FD-08Cs100/500

最新型のCsI検出器を搭載した高感度測定
オートサンプラー搭載で多検体の連続測定

写真:放射線セシウム測定装置 FD-08Cs100/500

特徴

  • 最新型の日本製Csl検出器を搭載し、少ない試料量で高感度測定が可能です。
  • FD-08Cs100は、100ccの試料量・5分程度の測定時間で検出下限値 25Bq/kg が実現可能です。
  • FD-08Cs500は、500ccの試料量・30分程度の測定時間で検出下限値 2Bq/kg が実現可能です。
  • オートサンプラー搭載
    多検体 (Cs100/50検体、Cs500/24検体) の自動測定で、コスト削減を支援します。

仕様

型式 FD-08Cs100 FD-08Cs500
分析対象 食品 土壌・環境・食品
ピーク同定検出範囲 137Cs、134Cs
検出器形式 γ線シンチレーションカウンター CsI(Tl)検出器
連続測定試料数 50検体 24検体
標準試料量 100cc 500cc
容量 48mmφ×58mm h(U-8容器) 89mmφ×85mm h
安全機構 インターロック機構
本体サイズ(mm) W1120xD750xH710 W1150xD750xH1580
本体重量 約300kg 約800kg
入力電源 単相3線式200V、20A、50/60Hz 100V 1kVA(アース付)

電話番号 バナー

お問い合わせフォーム リンクバナー