病理標本解析ソフトウエア

バーチャルスライド装置やデジタルカメラで撮影された病理標本の、形態学的解析を行う種々のソフトウエアパッケージです。核、細胞膜、及び細胞質に局在するIHC染色されたバイオマーカーをその染色濃度によって、スコアリングすることができます。
ki67やHer2のカウンティングを自動化して、乳がんや胃がん等での検査をより迅速に再現性の良い検査を行うことができます。
また、検出された個々の組織の面積やクロマチン濃度を測定し、度数分布や散布図等の統計データを表示できます。各測定パラメータ毎に範囲を指定して、組織の形状やクロマチン濃度等で細胞の絞り込みをすることもできます。
ルーチンでの検査だけでなく、研究用としても使用することができます。
測定領域(ROI)は、矩形、多角形、ないしフリーハンドで設定できます。オプションパッケージを用いて、特定組織のパターンから自動的にROIを設定したり(PatternQuant)、複数の矩形分割領域(TumorBoard)を設定することもできます。

HE、特殊、蛍光染色用 HistoQuant
免疫染色用 NuclearQuant, MembraneQuant, CellQuant
ISH用 CISHQuant, FISHQuant

histoquant_icon 形態計測ソフトウエア HistoQuant

形態計測ソフトウエア サンプル画面

HE染色、特殊染色、および免疫染色された標本で、その色調成分から、特定の組織を自動的に検出します。複数の異なる組織を別々に検出できます。検出された組織は異なる色で表示することができます。

nuclearquant_icon 核染色解析ソフトウエア NuclearQuant

核染色解析ソフトウエア サンプル画面

Ki67、ER、PgR、P53等の標識陽性核と陰性核を自動検出します。陽性核と陰性核の数を自動的にカウントし、陽性率、及びスコア(Hスコア、Allredスコア)の計算を行うことができます。

membranequant_icon 細胞膜染色解析ソフトウエア MembraneQuant

細胞膜染色解析ソフトウエア サンプル画面

Her2、EGFR等の標識陽性細胞膜を自動検出します。陽性細胞膜と陰性細胞核の数を自動的にカウントし、スコアの計算を行うことができます。

patternquant_icon パターン解析ソフトウエア PatternQuant

パターン解析ソフトウエア サンプル画面

免疫染色標本で組織領域のパターン認識を行い、その識別領域毎に計測を行うことができます。

cellquant_icon 細胞質解析ソフトウエア CellQuant

細胞質解析ソフトウエア サンプル画面

免疫染色標本で細胞質マーカの陽性部を検出して、計測を行うことができます。

cishquant_icon CISH解析ソフトウエア CISHQuant

CISH解析ソフトウエア サンプル画面

CISH標本において、染色されたスライドから核、および遺伝子シグナルを検出して、核ごとのシグナルのスコアリングを行うことができます。

fishquant_icon FISH解析ソフトウエア FISHQuant

FISH解析ソフトウエア サンプル画面

FISH標本において、蛍光染色されたスライドから核、および緑と赤のシグナルを検出して、核ごとのシグナルのスコアリングを行うことができます。

tmamodule_icon TMA解析ソフトウエア TMA module

TMA解析ソフトウエア サンプル画面

TMAスライドから各コアのスコアリングを行うことができます。

tumorboard_icon マルチ画像統合ソフトウエア TumorBoard

マルチ画像統合ソフトウエア サンプル画面

連続切片でのHEや免疫染色標本の対比画像を作成することができます。

電話番号 バナー

お問い合わせフォーム リンクバナー