メディカルニュース

2015.05.07
病理標本解析ソフトウエアを販売開始しました。
2015.01.01
バーチャルスライドシステムを販売開始しました。

写真:バーチャルスライド

バーチャルスライドシステム

バーチャルスライドシステムは、顕微鏡用プレパラート全体をデジタル画像としてコンピュータに記録し、モニタ上で観察する装置です。デジタルデータなので退色が無く、破損の心配もないので永久標本として保存することも可能です。

写真:病理標本解析ソフトウエア

病理標本解析ソフトウエア

バーチャルスライド装置やデジタルカメラで撮影された病理標本の、形態学的解析を行う種々のソフトウエアパッケージです。核、細胞膜、及び細胞質に局在するIHC染色されたバイオマーカーを、その染色濃度によってスコアリングすることができます。

写真:コンフォーカル バーチャルスライド顕微鏡

コンフォーカルVS顕微鏡

コンフォーカルバーチャルスライド顕微鏡(CVSM)は、バーチャルスライドのスキャン技術とコンフォーカル(共焦点)イメージングを組み合わせることで、これまで難しかった高解像度での標本全体観察を可能にしました。

写真:TMA標本作成装置

TMA標本作成装置

組織マイクロアレイ(TMA)によって、ハイスループット診断における革新的な変化をもたらします。1つのブロック、または1つのスライドで数百までの試料を同時に処理することができ、時間、試薬、スライド保存場所などの格段の節約となります。